CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
辛い!蒙古タンメン、北極!
Pht1003175900.jpg

中本が目黒にできた。とにかく辛い!でも美味い!写真は北極。辛度10!
ここは、元々、板橋にあって、先代とおばあちゃんがやっていて、一度店を閉めたんだけど、そこの常連客の中根誠(2代目)がどうしてもその味を守りたい!の一心で再開。
湯麺(タンメン)をベースに激辛の麻婆を載せた「蒙古タンメン」(辛度6)がメイン商品。
僕が食べた「北極」は全身の毛穴が一気に開く。
食べてると「痛い」。
だけど、食べ終わるころにはなかなか箸を置けない。
是非是非お試しあれ。
ちなみに一番辛いのは「冷し味噌ラーメン 620円」(辛度12)

〜蒙古タンメン中本本店〜
| ヘアのお話 | 14:34 | comments(7) | trackbacks(0) |
シャンプーって気持ちいいねvol.3〜シャンプーの選び方〜
映画シャンプー

Q、どんなシャンプーを使えばいいですか?

A、
シャンプーの目的はずばり!「髪の毛や頭皮に付いた汚れを落とす」これだけです。
本来はそれ以外の効果は必要ありません。
栄養はトリートメントが、保護はリンスがやってくれます。

しかし、現状では様々な付加価値がつきます。
・香りがいい。
・泡立ちがいい
・洗い上がりがしっとりする。
・リンスがいらない
・なんだか「良さそうな成分」が入っている
等々。
現在、市販されてるモノでも数え切れないくらいの種類のシャンプーが出回っています。通販や、独自のラインで販売されているモノを入れると・・・
その中から「自分にあったモノを選ぶ」ということは至難の業です。
だから、ついつい、CMや、雑誌の広告などの「売り文句」を「信じて」買ってしまいます。

「じゃあ本当はなにがいいの?」
いきなり核心をついた質問ですがずばり答えましょう・・
続きを読む >>
| ヘアのお話 | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
シャンプーって気持ちいいねvol.2〜コスメの種類〜


Q、どんなシャンプーやリンスを使えばいいですか?

A、
テクニックに入る前に先ずはコスメを選ばなきゃね。
使うモノは大まかに3種類あるんだ。
1,シャンプー
髪の毛や頭皮に付いた汚れを落とすモノ。
2,トリートメント
髪の毛に栄養を与えて傷んだ髪の毛をケアするモノ
3,リンス
髪の毛をコーティングして髪の毛を保護するモノ

※「コンディショナー」はメーカーによって呼び名が違うけど多くはリンスを指している場合が多い。

よく間違えやすいのはリンスとトリートメントの違い。簡単に言うとトリートメントは髪の毛の中に入る「栄養」。リンスは髪の毛の表面で保護をする「服」みたいなもの。
だからダメージが強い人はトリートメントの方がオススメ。

次回はそれぞれの違いと選び方をお話しするね
| ヘアのお話 | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
シャンプーって気持ちいいねvol.1
ハナ入浴

ヘアサロンで“気持ちいいメニュー”ってなんだろう?
誰もが多分、「シャンプー!」って答えるだろうね。
カットも、カラーも、パーマもビジュアル的には「スッキリした!」と思うけど、「気持ちいい」じゃないよね。
想像してみてね・・・
続きを読む >>
| ヘアのお話 | 22:12 | comments(5) | trackbacks(0) |
ヘアメイクというお仕事


今日は「セルフマッサージビデオ」の撮影のヘアメイクに天王洲アイルまで行ってきました。
とある会社が全国規模の「女性のためのマッサージルーム」をつくり、そこで流すビデオの撮影をしました。
「ヘアメイクになりたい!」と思ってこの世界に入る人は沢山いるけど、僕は「いつのまにか」なってました。
ファッション誌や広告などの「紙媒体」を始め、モデル事務所の「宣材」(宣伝材料)のヘアメイクまでいろいろやらせてもらってます。
一見「かっちょいい〜ん!」と思うけどかっちょよくなるのはモデルさんで僕はひたすら仕事してます。
僕が大切にしてるのはモデルさんの「ケア」で、少しでもリラックスして、本番にはエネルギーたっぷりな状態で最高のパフォーマンスをしてもらえるように気をつけています。
続きを読む >>
| ヘアのお話 | 17:38 | comments(5) | trackbacks(0) |
メイクが上手になるには?
女性は365日、ほとんどメイクをします。
朝、前の日のアルコールが内側から顔の肉を押し上げても、
彼とケンカして流した涙が目の周りを押し上げて血行をよくしても…
それだけの回数を工夫を凝らし真剣にやっていれば、その辺の美容師やヘアメイクより上手になるはず。
しかし、なかなか上手にならないのはなぜでしょう?
続きを読む >>
| ヘアのお話 | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |