CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ハナと対決! | main | 白い粉の魔力【和三盆】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「どっちでもいいんだけど料理ショー」
シューペイザンヌ

先日「どっちの料理ショー」で、お隣のケーキ屋さんToshiYoroizukaの「シューペイザンヌ」が「美味しい応援団」として紹介された。
パリッと焼いたシューの中にカスタードクリームとノアゼット(ヘーゼルナッツ)クリーム。表面にたっぷりノアゼット、アーモンド、ピスタチオをちりばめました。
普通のシュー・ア・ラ・クレームでは満足できない方にオススメ。(鎧塚さん談)

満足感タップリのシュークリームです。(Hana店内でも食べれるので来たときにでもどうぞ)
放送後の混雑具合は説明するまでもない。

今回の対決は「串団子VSシュークリーム」でした。
「VTRを撮って下さい」
と鎧塚さんに頼まれ、アシスタントのナナと最後に来たお客さんとテレビの前にかじりつきながら見ていた。
後日、鎧塚さんにテープを渡して感想を聞くと

「あの人誰なんですか?」

と聞かれたので、「有名なパテシエじゃないんですか?」と逆に質問すると

「いや〜聞いたこと無いですね〜」と返ってきた。
後日番組のHPを見てみると、調理したのがどちらも「料理学校の教師」だった。それも「同じ学校」の。
トークも妙に巧い。シューを作ったフランス人は日本語ペラペラだった。
その「某料理学校」はたびたびこの番組に先生を出している。
なんだか「スかされた」感じがした。
「対決!」
と聞くと自分のキャリアや看板を背負ってやってる緊張感が見ている方にも伝わってリアルさを感じさせるものなのだが、これが「先生」で、それも「同じ学校」ときたら「ぬるま湯の風呂の中のお湯のかけ合い」でしかない。

これは僕の持論で「いや、それは違う!」と思う人もいるだろうがあえて言わせてもらう。

「学校の先生はプロではない」

もちろん「教えること」に関してはプロである。しかし、その世界の中ではプロではない。(ただし、「臨時講師」とか別口でやってる人は別ね。あくまでも「本業」の先生のこと)
小さくても「自分の店の看板」をしょってる人はひとつのケーキ、ひとつの作品に魂がこもっている。だってそのひとつひとつが生活を支え、明日を作ってくれるからだ。
手を抜いたり遊んだりなんて出来ない。
どれだけ有名で、どれだけ大きい料理学校の「先生」でも10坪程度の小さな店の「プロ」には届かない。僕はそう思う。
あの鎧塚さんでさえ朝の6時から夜遅くまで毎日ケーキに向かっているわけで、先生であればケーキ以外の事に時間をかけてるわけだから実力の差は歴然。ましてや先生は自分が作ったケーキが売れなくても仕事を失ったりしないし学校も潰れない。
鎧塚さんの出演して堕時間なんて「あっ!」と言う間だったから、すごく残念!

もし、本当のパテシエならば、当然「対決」とかしてその結果如何で次の日からの売上に影響するわけだから気迫が違うよね。
どうりで「特選素材」には目が行ったが肝心の対決はあまり印象が残らなかった。
シュークリームにフランボワーズを載せただけで「おぉ〜〜っ!」とスタジオから歓声が上がるのだが編集臭さがプンプンする。
もし、本当に驚いているのなら「何に」驚いたのだろう?

あそこまで「なれ合い」を見せつけられると引いてしまうね。
でもね、この

「厳選素材」

に僕は引き込まれてしまった。
次回はその全貌を明らかにしようと思う。こうご期待!
| グルメのお話 | 20:13 | comments(13) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:13 | - | - |
コメント
>おしょうさん
で・・できるんですかっ!??
僕は・・・死にます・・・確実に。
多分、3個目からケーキじゃなくなってます。

そういえば、今度やるテレビで「ワールドレコード」って番組で鎧塚さん、優勝しましたよ。(オフレコでお願いします)
デザート対決だそうです。
世界一ですね。多分12月5日放映だと思います。
| トモ | 2004/11/24 5:35 PM |
10個完食ですか。
出来なくはないけど、恥ずかしいなぁ(*^^*)
私も「どっち」のシューは
美味しそうに見えませんでした〜残念!
| おしょう | 2004/11/24 11:48 AM |
>うるとらはっとさん
更に納得!(--)(__)
確かにそうですね〜
でも、鎧塚さんと話してたんですけど、ココだけの話、
「あのシュー、あんまり美味しそうじゃないですね〜」
と、やはり「応援団」として参加したからにはもう少し頑張って欲しかったみたいですよ。

>おしょうさん
でも、以前に10個完食した人がいたそうです。
トシさんとこのケーキは「新鮮」だから日持ちしないのでまとめ買いできないのが残念ですね。
前のコメントでもお話ししましたが「タルトシュクル」オススメです。
これなら翌日でも大丈夫。
レンジでチンして下さい。
ってまわし者かい!
うちものんびり出来るから遊びに来て下さいね。
| トモ | 2004/11/24 11:03 AM |
トモさん、はじめまして。
私も、給食のおばちゃん同様、ケーキ作りが好きで
(〜食べるのはもっと好きで)
鎧塚さんケーキのファンになってしまった1人です。
おっしゃるとおり、人柄がにじみ出ていると思います。
お店でたくさんのケーキを食べたいのですが、
恥ずかしいので1・2品で我慢(^^;
鎧塚さんケーキと、トモさんのカットで
身も心(お腹?)も幸せになりたいですね。
遠いのでなかなか厳しいですが機会があれば伺いたいです。
| おしょう | 2004/11/24 10:16 AM |
テレビマニアから申しますと、「どっち」は、
『料理人の対決』ではなく、『料理の対決』だからゆえに、
調理役は学校の先生等、料理が上手すぎず下手すぎず、
それでいてキチッと特選素材を扱える人を選んでいるのです。

料理の仕上がりを、料理人の腕が左右することになる
(=勝敗を左右する)と、
料理の対決でなくなってしまうからです。

料理と特選素材にフォーカスを合わせるためには、
調理役はニュートラルな存在でなければいけないのです。
m(_ _)m
| うるとらはっと88 | 2004/11/24 12:40 AM |
>給食のおばちゃんさん
おお、なるほど、確かに「料理の腕」を競ってるわけじゃないですもんね
ふむふむ・・・納得
確かに、団子とシュークリームを比べろと言われても好みの問題ですもんね。
あれだけ、つっこみながらも、「豚のしょうが焼き」の時は終わって速攻食べに行こうとしたら、どこも終わっていて「晩飯ジプシー」(よくなる)になってしまい、悲惨な結果に(T.T)
翌週の「カツカレー」の時はその前に鎧塚さんのケーキをお腹の中に入れてしまい、無理矢理、それもジプシーになりたくなかったので「ココイチ」のカツカレーを食べに行き、油まみれのカツカレーを食べて悲惨な結果に(T.T)
そんなおっちょこちょいがやってる店ですから敷居が高いはずもなく、ホームページにあるように車イスの人ですら簡単に来店できる店ですから気軽に来て下さい。
待ってる間にトシさんのケーキも食べられますから。

シオシオのパーはブースカです。
あいつのせいで子供の頃はラーメンばっかでした(笑)
| トモ | 2004/11/23 11:06 PM |
美味しそうなシュークリームの写真につられて、初めてメールしてしまいます。
私も鎧塚さんの丁寧に作られたケーキの大ファンです。

どっちの料理ショーのシェフが学校の先生なのは、「明日からの売上にひびかないから」こそなのではないでしょうか?
「ショー」という番組で、しかも両方の味をみて、選ぶというのではない方法なので、看板を背負って立つシェフが作ったものに対して、それで勝ち負けを決めるなんて失礼だし、もしそれで負けでもしたら、それこそ売上に響いてしまいますよね、きっと…。

 お菓子作りが大好きで、実はどっちの料理ショーのあのフランス人シェフにも、通信教育のスクーリングで、講習を受けたことがあります。(その時は日本語、話せなかったみたいです)
どっちの料理ショーで紹介された「美味しい応援団」のもう一つのお店、「エコールクリオロ」のアマ向けに開かれているお菓子教室にも通ってます。各地でお店を開かれているシェフの特別講習という企画も時々あるので、鎧塚シェフ来てくれないかな?

 トモさんにもカットしてもらいたいのですが、都会のサロンには、気後れしてしまって。(^^)
 ちなみに、しおしおのパーって、ブースカですよね。違いましたっけ…?
| 給食のおばちゃん | 2004/11/23 10:40 PM |
あ、そうだ!休みだわ。(^^;;
では、次回。
| makoto | 2004/11/23 12:31 PM |
>picotさん
ひょんなことからお隣同士で仲良くしてます。
歳も近いのでいいお友達です。
鎧塚さんは人間的にも素敵な人で多分それが作品(ケーキ)にも出てるんでしょうね。
お友達というだけでなくpicotさん同様、僕もトシさんのケーキのファンなのでいっぱい食べて幸せになりましょうね。
ちなみに僕が大好きなのは「タルトシュクル」というお砂糖のケーキです。
トシさんの店はパイナップルが入ってるんだけど、ここだけの話し、
行く前に、「熱々のタルトシュクルが食べたいんですけど」と電話で言っておくと焼き上がりの時間を教えてくれてその時間にとりに行って速攻、持ち帰り、上質のバニラアイスを乗っけて食べると・・・・
これ以上は言葉では言い表せられません。
ぜひ、お試しください。
| トモ | 2004/11/23 11:43 AM |
>picotさん
ひょんなことからお隣同士で仲良くしてます。
歳も近いのでいいお友達です。
鎧塚さんは人間的にも素敵な人で多分それが作品(ケーキ)にも出てるんでしょうね。
お友達というだけでなくpicotさん同様、僕もトシさんのケーキのファンなのでいっぱい食べて幸せになりましょうね。
ちなみに僕が大好きなのは「タルトシュクル」というお砂糖のケーキです。
トシさんの店はパイナップルが入ってるんだけど、ここだけの話し、
行く前に、「熱々のタルトシュクルが食べたいんですけど」と電話で言っておくと焼き上がりの時間を教えてくれてその時間にとりに行って速攻、持ち帰り、上質のバニラアイスを乗っけて食べると・・・・
これ以上は言葉では言い表せられません。
ぜひ、お試しください。
| トモ | 2004/11/23 10:26 AM |
トモさん、トラックバックありがとうございます。
ヨロイヅカさんのブログを作られている、というウワサの
お方でしょうか?
(お店が)お隣どうしで仲が良いっていいですね〜!
恵比寿のあの界隈の(昔からの)雰囲気を守っていらっしゃる
ような気がします。
| picot-picot | 2004/11/23 7:34 AM |
>makotoさん
明日は火曜日なのでお休みなんです
ごめんちゃい\(__ )
| トモ | 2004/11/22 11:03 PM |
明日、食べに行こう!じゃなくて
髪切りに行こうでした。(笑)
| makoto | 2004/11/22 9:44 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hairhana.jugem.cc/trackback/230
トラックバック